資本金1円で会社を作る⁉

2006年の会社法改正により、会社の資本金は1円とすることが可能となりました。
資本金1円というのは当時話題となり、今では多くの人が知っています。

では、会社は1円で設立できるのでしょうか?

 

資本金って何?

資本金とは、簡単に言うと出資者から受けた資金の額をさします。
会社の自己資金というイメージですね。

 

1円では会社は作れない

ブログ「合同会社で設立費用を削減」に記載しましたが、会社を設立するにはお金がかかります。
資本金が1円ということは自己資金が1円ということですので、出資以外で資金を調達しなければ、会社は作れません。
つまりお金を借りるということになります。

会社法が改正された当時は「資本金1円」の印象が強く、1円で会社が作れると誤解する方がいました。
しかし、実際には合同会社を設立するだけでも6万円以上かかってしまいます。
(株式会社の場合は20万円以上かかります)

 

「会社を設立し、設備を整え、事業が軌道に乗るまでの経費を負担する」ということを考えると、用意しなければならない資金は思いの外多くなります。
事業を始める際の資金はどの程度必要か、開業後一定期間(3~6ヶ月)の運転資金はどの程度必要かを確認した上で、資本金の額をいくらにするか検討してみてはいかがでしょうか。